スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by だてBLOG運営事務局 at

2013年09月09日

歯医者にいくことになった妹

妹が子どもに頭突きされて、一気に2本、前歯の神経をなくしました。みるみる黒っぽく変色しだし、とうとうさし歯となりました。そのさし歯がうまくついていなかったらしく、かぶせた歯の隙間から食べ物が入り込みさし歯を支えていた根元が虫歯になってしまいました。

また、治療をし直せばいいのですが、さすがに2回目となるので歯医者にインプラントをすすめられたそうです。妹はインプラントには抵抗はなく、痛みの心配よりもお金の心配をしていました。どの家庭でも簡単に出せる金額ではないでしょうが専業主婦はもっと出せないです。

そもそも専業主婦というのは、私もそうですが、節約してなんぼの人が多いと思うのでそんな主婦が、自分の歯に1本10万ものお金を出せるでしょうか。私だったら無理と思うのですが、妹は地道に節約して貯金したへそくりをインプラントにあてました。正直、あんなにケチな妹がインプラントに20万を超えるお金を使ったことに驚きました。

そして、インプラントをした歯を見せてもらって、これまた驚き。本当、ちゃんと歯茎から歯が生えているように見えるのです。さし歯だと、歯茎が痩せたときに、付け根が黒ずんできてしまってさし歯とバレてしまうそうですが、インプラントはもっと奥深いところで結合されているらしく多少歯茎が痩せたくらいでは、付け根が見えたりすることはないとのこと。

しかも、両隣の歯と同じ色だし、どれがインプラントなのかわからない。そして今まで、さし歯では頼りなかった固めのものも、インプラント後はしっかり噛めるようになったとか。それだけしっかり土台が作られているってことですね。妹の歯を見たら、私もインプラントしたくなってきた。

小平市 歯医者  


Posted by ミッキーキ at 18:27